成約率アップ

会う前から「買いたい」とお客様に思ってもらうためには?

大沢です。

もう、先週末のことになりますが、

方眼ノート養成講座で
15名のトレーナーに対し講義をしてきました。

この講義で、不覚にも
私は、泣きました。

ある話をシェアしているときのことだったんですが、

あまりにも、不覚でした。

何があったか?は、
編集後記で!

さて、本題です。

もしあなたが、

「回数券を売る」
「継続コースを売る」
と言うことをされているなら
(あるいはこれからする)

今日お伝えする内容は、
けっこう役立つかもしれません。

例えば、
体験セッションや、
お試しセッション、
初回限定カウンセリング

などのフロントエンドで
セールスをする時を想定してみてください。

10人中2人が買ってくれるのと、

10人中8人が買ってくれるのでは、

売上が全く変わるのは、
わかりますよね?

では、どうしたら、
高確率で買ってくれるようになるのか?

今日は、それについて
お伝えしたいと思います。

やることは、大きく2つ。
★★★★★★★
<1>
セールススキルを上げる

<2>
 会う前から「買いたい」と
 お客様に思ってもらう
★★★★★★★

この2つです。

今日は<2>について
お伝えします。

これは、
『事前教育』なんて言われたりします。

「事前教育??何それ??」

と思った方もいるかもしれません。

簡単に言うと、

★★★★★★★
会う前に、あなたの
サービスの必要性を
知っていただく
★★★★★★★

と言うことになります。

要は、実際に体験などで
お話する時は、

すでに5割型「私に必要かもなー」
と思ってもらっている

そんな状態を作り出せれば
良いわけです。

では、事前に何を
ブログやメルマガで伝えておくと良いのか?

シンプルに3つに絞ってお伝えします。

======

あなたのサービスを数ヶ月間
受けたお客様の声 


なぜ、継続的に
あなたのサービスを受ける必要があるのか?


どんなステップで
変化を遂げられるのか?
======

これらを載せておくと良いです^^

ちなみに、私は、起業当初、

こんなことなんて知らないから、

体験セッションの感想や、
体験セッションの内容
ばかりを発信していました。

そうすると何が起きたかって言うと、

体験に来て、
『え!継続コースあるんですか?』
って言う方が、
半数以上いらしたんです。

さらにセールスもヘタッピだったので、

それはそれは
成約率は低かったです。

さて、

まとめます!

成約率を上げるために
すると良いことは大きく2つ!

★★★★★★★
1セールススキルを上げる

2会う前から「買いたい」と
 お客様に思ってもらう
★★★★★★★

そして、

<2>に関しての3ポイントは

======

あなたのサービスを数ヶ月間
受けたお客様の声 


なぜ、継続的に
あなたのサービスを受ける必要があるのか?


どんなステップで
変化を遂げられるのか?
======

を事前にブログやメルマガで
発信しておくこと。

以上!

シンプルですよね!

お試しください^^

<編集後記>
『不覚にも養成講座中に
泣いた話し』

方眼ノートトレーナー
養成講座は、

単なるトレーナーを育成する
講座ではないのです。

何か人にものを教える人間としての
【あり方、伝え方】を
たった2日で、即実践できるレベルにしていきます。

そんな講座なのですが、

ある流れで、一人の受講生から

『夢や大きなビジョンを
描けない場合って
どんな関わりをすればいいんですか?』

と質問があったんですよね。

そこで、私が、
「この話、役立つかもなー」
と思ったことを皆さんにシェアしたんですよね。

ちょっとそれを
今日はここでも書いてみようと思います。

以下、興味のある方だけどうぞ。

ーーーーーーーーーーーー

8年ほど前のことになります。

私は、近所で開催されていた
『夢ノート』と言う講座に参加しました。

自分の叶えたい夢やビジョンの写真を

ペタペタとノートに
貼っていく講座です。

そこには私を含め5名ほどの
生徒さんたちがいました。

私以外の生徒さんは、
ペタペタと楽しそうに
次から次へ、写真を貼っていたんですよね。

一方、私は、、、、

『何も、ワクワクしない』
『貼りたいものもない』
『なんでみんなそんな楽しそうなの?』

そんな思いで、
頭の中がグルグルでした。

でも、せっかく
お金払って、ここに来てるし、、、と

半分やけになりながら、
やっと貼れたのが

以前旅行したことのある
マチュピチュと、
マヤ遺跡の写真
この2枚だけでした。

帰りの車の中、

運転しながら、私は、
号泣しました。

「私に、夢なんか無い。」
と。

ワクワクと貼っているみんなが羨ましくて、

制限なく、楽しそうにしているみんなが眩しくて。

途中、あまりに泣きすぎて

運転できなくなって
スーパーに車を止めて
泣いたのを今でも覚えています。

だけど、、、

そんな私だったけど、
今、こうやって
一起業家としてここに立っています。

ーーーーーーーーーーーー

と、まぁ、
こんな話をしていたら、
泣いちゃってました。

あ、それで、、
何が言いたいかって言うと、

もし、今、あなたが、

夢なんて別に描けなくても、

全く問題ないです。

むしろ、「それでいい!」
とすら思います。

いつも少し
背伸びをしながら
行動をしていけば、いいんだと思っています。

最後長くなってしまいましたが、
ちょっと書きたくなったので
書いてみました。

ここまで読んでくださり、
ありがとうございます^^

それではまた!

Eメール  *